コシヒカリ

 

お米通信販売の【北信州こやなぎファーム】平成24年皇室献上。創業100年の実績。北信州の気候に合わせた特別な栽培方法で丹精こめて作っています。

新井 康寛お米日本一コンテスト2015inしずおかに行ってきました。

     2017/05/22

先週末、静岡お米日本一コンテスト2015に参加してきました。

 

お米日本一コンテスト2015

 

 お陰様で小柳農園のコシヒカリと小柳農園の風さやかが予選を通過し憧れの静岡の地に米作りの成果の一つとして降り立ちました。静岡は暖かいイメージがあり、妻にもそんな寒くないから心配いらないんじゃないってことで軽装で行きましたが、当日風が強く、富士山が真っ白になるくらいの寒さでした。

 

油断は禁物ですね

 

富士山

 

写真でとるとわかりづらくなりますね。

 

富士山2

富士山はすぐに雲の中に入ってしまいました。

 

さて、お米日本一コンテスト

和の食文化の推進、良食味産地の育成、消費拡大を目的に全国のお米生産者から出品された米の中から日本一のお米を決定する。今年で12回目を数えるお米のコンテストです。39都道府県、587点54品種が出品されました。

 

高校生の和食給食コンテストや出汁の取り方、酒米のお話しなどのセミナーが同時に開催されていてお米だけではなく和食について知識を深める内容となっていました。

 

実はここ数年、静岡の出品をお休みしていました。

 

それまでの出品理由は二つのコシヒカリの作り方を評価してほしいと思ったからと静岡は妻のゆかりの地でもあるため、米作りで成果を上げるのは静岡と決めたからでした。そして2008年と2009年に入賞させていただいております。

そして…今回は風さやかの誕生があり出品を決意しました。

 

それでも出品した後いろいろと考えます。

出さなきゃよかったかなーとか、コシヒカリと風さやかの評価がダメだった時はなんてことも考えます。

 

こらこら!人生前向きでしょ。

まずは参加することに意義があるんです。

チャレンジすることが大事です! 

 

 

会場に入ると

ベスト75予選を通過したお米はこんな風に並べられていてお米の品質や栽培方法をチェックできるようになっていました。我が家のお米は?

 

小柳農園の風さやか

 

あった!ありました!ほんとにあってホッとしました。

そういえばこの時はまだ風さやかの袋ができていませんでした。 

 

そしていよいよ審査員の皆様の実食です。

 

コンテスト実食

 

私達やメディアの方に見られながらの審査はたいへんですね。

自分たちも審査を受ける立場なのでこの会場は何とも言えない空気が漂っていました。

 

 

いろいろな産地のお米遅れて、参加した私達も同じお米を試食することができます。

 

時間は少しずれますが1回に30種類ものお米が並びます。

この量の食べ比べはすごく難しかったです。

 

何よりこの雰囲気で食べてもガラスの心を持つ私にはゆっくり味わう心の余裕がなくなっていました。修行が足りません。

 

まだまだ、まだまだだな。

 

 

 

そしていよいよ結果発表です。

 

 

 

とにかく緊張感がすごいです。

 

 

そして…

 

予選一回目の結果

 なんと金賞を頂くことができました!

 

二つで争ったわけではありませんが、小柳農園のコシヒカリと風さやか今回はコシヒカリ軍配が上がりました。

 

 

 

この後上位30のお米が決定抽選を行い、翌日トーナメント戦形式で順位を確定しました。残念ながら我が家のお米は次のステージに選ばれませんでした。しかし、私たちが手塩にかけたお米に静岡まで連れてきてもらえたことに感謝でいっぱいです。

 

そして、全国各地からこの日のために集まった篤農家と呼ばれる皆様方とお話しさせていただけたことが何よりの財産となりました。お米を食べなくなったといわれているけど、日本中にはこだわりのあるお米がたくさんあって、そしてみんなが米作りの未来を考えている。

 

印象的だったのは子供たちがごはんに触れる機会が減ったというお話。

原因はいろいろありますが、一回でごはんを炊く量が減ったことが一つだそうです。

そういえば私が子供の時は炊飯器にごはんはいつもあり、おなかがすいた時には、よくばあちゃんにおにぎりに味噌をつけた味噌むすびや小麦粉に牛乳、卵、ごはんを入れたせんべいを、焼いてもらってました。

 

今回コンテストに参加してセミナーや懇親会を通していろいろなアドバイスを頂き、どうしてお米を作っているのかという私の思いが確認できました。

 

お陰様で静岡は改めて特別な場所になりましたとさ。

DSC_0544

小柳農園のコシヒカリはこちら

https://koyanaginouen.com/shop/tokubetu.html

 

小柳農園の風さやかはこちら

https://koyanaginouen.com/shop/kazesayaka.html

 

 

 

 -お米の紹介, こやなぎファームのいろいろ, , , , |from 新井 康寛

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

27年新米より販売開始します。北信州こやなぎファーム新品種!

27年新米から販売を開始します。こやなぎファームの新品種です。   久しぶりに田に出かけてきました。 去年試作してみたところなかなかいいお米に育ってくれたので、 今年は当ファームの人気のお米の一つにな …

節分都市の数だけ豆を食べる
北信州こやなぎファーム流節分2016

我が家の節分2016。 豆まきで鬼払いはできましたでしょうか? うちでは鬼役はおりませんで、心の鬼をそれぞれが書いてそれに豆をぶつけるという子どもが生まれてからちょっと変わった鬼払いになっています。( …

直売所
遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。 本年も小柳農園をよろしくお願い致します。 さて今日はすごくかわいいお客様が来店してくれました。 下の娘の通う保育園の仲間たちです。散歩の途中で先生を先 …

こやなぎファームお米
お米の賢い買い方と保存方法 ~北信州こやなぎファーム流~

お米のかしこい買い方とおいしく保存する方法について。   みなさんお米を買うときどのような買い方をしますか? また、買ってからどのように保存していますか? お米は重たいもの。1回に買うときは …

献上米 信州山カレー
献上米で信州山カレー試作。

8/10,11(山の日)にAKOMEYATOKYO(アコメヤトーキョー)のイベント体験で、信州山カレーを皆様に食べていただきますが、その予行演習でカレーの試作を行いました。 信州山カレーのレシピ考案は …

信州なかのフェアin横浜に出店しています!

信州なかのフェアin横浜に本日出店しています。 精米したてのお米を横浜にお持ちしました! 直売所でしか販売していないお米もございます。   「信州なかのフェアin横浜」 日時:平成27年10 …

節分の鬼
節分の始まりと歴史について

2/3本日は節分です。毎年、豆まきして長芋でとろろごはん食べてますが、そもそも節分で鬼を払うとかありますけどなぜやるんでしょうか。 その始まりや歴史的な部分を北信州こやなぎファーム流に紐解いていきたい …

アコメヤイベント
信州山カレーイベント。大盛況でした!!!

8/10,11(山の日)にAKOMEYA銀座で行われました「夏の信州山カレーイベント」。 多くの方にお越しいただき大好評でした。   野菜ソムリエの増田朱美さんに助けていただきながらおいしい …

お中元のし
お米の贈答、注文が増えています。

お米のギフトご注文はお早めに! もうすぐ8月ですね。 夏本番。お中元のギフト注文が増えています。 7月下旬あたりからお中元ギフトのご注文が相次いでおります。 ご自宅用のお米も含めご注文いただいた方から …

小柳農園ホームページをOPENしました!

小柳農園ホームページopenしました!     小柳農園で栽培したおいしいお米販売しております。   お電話0269-26-0081 FAX0269-38-0238 メールnaga …

PAGE TOP