コシヒカリ

 

お米通信販売の【北信州こやなぎファーム】平成24年皇室献上。創業100年の実績。北信州の気候に合わせた特別な栽培方法で丹精こめて作っています。

北信州こやなぎファーム店長節分の始まりと歴史について

     2019/02/05

2/3本日は節分です。毎年、豆まきして長芋でとろろごはん食べてますが、そもそも節分で鬼を払うとかありますけどなぜやるんでしょうか。

その始まりや歴史的な部分を北信州こやなぎファーム流に紐解いていきたいと思います。

北信州こやなぎファーム節分豆

節分とは?

 節分の本来の意味は、季節を分ける。

春、夏、秋、冬の季節の変わる前日はそれぞれ節分となります。

古く昔は冬から春になる時期を一年の境としていて、一年の始まりが立春のころ。立春の前日は現在の大晦日と同じ、新しい年を迎えるために重要だと考えられていたのでしょう。今では立春の前日を節分と言うようになったそうです。

 

節分の歴史

 古来中国の追儺(ついな)という儀式が由来。追儺(ついな)とは鬼やない、厄病払いともいわれ鬼(厄や病気など)を払う儀式日本では奈良時代に大流行した疫病を払うため宮中での追儺が始まりと言われています。※昔、飢饉や疫病、災害など人間ではどうすることもできないものは鬼の仕業と考えられていました。

平安時代には陰陽師が宮中で鬼払いを盛んに行い、それが各地の社寺に伝わり今のように「鬼は外、福は内」と豆まきをするようになったのは室町時代~。江戸時代には広く庶民の間でも豆まきが行われるようになったということです。

 

節分の豆まき

鬼=魔。魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)に通じるという説があります。その家の家長や年男が大きな声で「鬼は外、福は内。」家中を豆をまいて鬼払いをします。

なぜ大豆なの?

大豆は五穀のひとつで大切にされており、米に次いで神事に用いられてきました。米よりも粒が大きく、鬼をはらうのに最適であるため。
 炒った豆を使うのは、生豆を使って拾い忘れたものから芽が出ると再び悪い鬼が芽を出してやってくるので良くないといわれているためです。

 

節分の鬼

最後に

こやなぎファームでは大豆の代わりに落花生を使います。雪が降るところではまいた豆を拾うとき小さいと見失ってしまう可能性が高いためです。炒った豆を使うのはあとですぐ食べられるようにするためと思っていましたが、再び悪い鬼が芽を出さないようにするためだったんですね。

我が家では家族に鬼はいないということで鬼役はおりません。それでも鬼をはらうためそれぞれがこれでもかと思うくらいの怖い鬼を絵に描いてそれに向かって豆をあてます。

 

北信州流の節分はなぜ長芋(いもじる)なのか?!

をこやなぎファーム流にお伝えしたいと思います。

 

 

 

 -こやなぎファームのいろいろ|from 北信州こやなぎファーム店長

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

春はもうすぐ・・・。

田の様子。 気温も少しずつ上がり、雪解けです。 田の畔が顔を出しました。 例年と比べて少し早い気もしますが春がやってくるというのはなんだかワクワクします。 小動物もちらほら姿を現し何やら植物の実を探し …

6月4日は信州、端午の節句。

6月4日は北信州の端午の節句です。 5月5日より1か月遅れの6月4日が節句になります。   玄関口にヨモギと菖蒲の葉を掛ける。 枯れて落ちるまでかけておく。 サバを食べる。 そして菖蒲湯につ …

こやなぎファーム雪
昨夜さらっと雪が降りました。

昨夜さらっと雪が降りました。ほんとに朝晩冷えます。 オープン3日目。今日も頑張ります!!

コンクール入賞!!

米・食味分析鑑定コンクール国際大会 受賞!! こんにちわ。小柳農園 新井康寛です。 今日はうれしいお知らせがございます。 11/23.24に行われた 第16回 米・食味分析鑑定コンクール国際大会で特別 …

アコメヤイベント
信州山カレーイベント。大盛況でした!!!

8/10,11(山の日)にAKOMEYA銀座で行われました「夏の信州山カレーイベント」。 多くの方にお越しいただき大好評でした。   野菜ソムリエの増田朱美さんに助けていただきながらおいしい …

食生活アドバイザー
食生活アドバイザー取得。

だいぶ前のことになりますが7月に「食生活アドバイザー」の試験を受けてきました。 2級・3級無事取得いたしました! 賞状とかではなく合格通知が認定証でちょっと残念でしたがまずは一安心です。 久々の図書館 …

信州なかのフェアin横浜に出店しています!

信州なかのフェアin横浜に本日出店しています。 精米したてのお米を横浜にお持ちしました! 直売所でしか販売していないお米もございます。   「信州なかのフェアin横浜」 日時:平成27年10 …

こやなぎファーム取材
取材を受けました!

今日は地元の情報紙「りふれ」の方が取材に訪れました。 小柳農園のお米を紹介していただけるそうです。 どんな記事になるのか、今から楽しみです。 これを機に、いろんな方に 当直売所を知っていただけたら嬉し …

小柳農園ホームページをOPENしました!

小柳農園ホームページopenしました!     小柳農園で栽培したおいしいお米販売しております。   お電話0269-26-0081 FAX0269-38-0238 メールnaga …

ただ今稲刈り最盛期です!

今朝の我が家のライスセンター前の日の出です(^^♪ 一日のはじまりはいつも明るいはじまりですね。   皆様、我が家の稲刈りがピークを迎えていますよ。     稲刈りは天気や乾燥機の様子を見ながら行いま …

PAGE TOP