お米通信販売の【北信州こやなぎファーム】平成24年皇室献上。創業100年の実績。北信州の気候に合わせた特別な栽培方法で丹精こめて作っています。

北信州こやなぎファーム店長ふき味噌の作り方 ~北信州こやなぎファーム流~

     2017/05/22

今が旬!!ふきみそで美味しいごはんを!

先日ふきを採ってきて初日にさっそく天ぷらをして旬を味わいました。

 

先日のふき摘みの様子はコチラ

 

その残りの半分を今日はふき味噌にしていただきます。

つぼみの多いふき

ふき味噌の作り方

材料

ふき  小さめのもので10から15個

油   大さじ1

砂糖  大さじ1.5~2

味噌  大さじ1.5~2

 

作り方

1. ふきを15分ほど水にさらします。

2. その後ふきを細かくみじん切りにします。(少々粗くても大丈夫です。)

3. フライパンに油をひき2を投入し2~3分炒めます。

4. 砂糖を入れ全体にからめ最後に味噌を入れまんべんなく混ざれば出来上がり!

 

ふき味噌作り方のポイント

・ふきを手に入れたらその日のうちもしくは翌日までには作りましょう。(花が開いてしまいます。)

・最後にごまやごま油を少しかけても美味しいです!

 

ご飯が美味しいおかず炊き立てのあったかごはんにそえれば春のごちそうの出来上がり!

ふき味噌と一緒にいただいた今回のお米は献上米です。

こやなぎファームの田んぼで育った「献上米」と田んぼの畔で育った「ふき」が食卓で再会を果たしました!!この苦味がたまらないッ!

皇室新嘗祭献穀米1.5kg×2

 

 

 

 

 

 

 -こやなぎファームのいろいろ, ごはんがおいしいレシピ, |from 北信州こやなぎファーム店長

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

残りごはん お好み焼き
残りごはんでお好み焼き?!

我が家の冷蔵庫にある冷ごはんが増えています。 毎日軽くご飯1杯ずつ余っていきます。 このいくつもできてしまった冷ごはんをなんとかできないものか。 もちろんレンジでチンすればあったかごはんで美味しく食べ …

コシヒカリで「父の日おもてなしごはん」。

コシヒカリでお父さんをおもてなし! 6月18日は「父の日」。 この時期は田植えでゆっくりと父の日をお祝いしてあげることができないのです。 今年は少し早めの“コシヒカリで「おもてなしごはん」”を、 お父 …

こやなぎファーム皇室献上決定
平成24年皇室新嘗祭献穀米に選ばれました!

遅ればせながら、昨日北信ローカルさんに 私達の事を取り上げていただきました。ありがとうございます! 皆様に支えられながら、とにかく行動と反省を繰り返し一歩一歩前へ、 時には三歩下がってもあきらめないで …

野沢菜の煮物
野沢菜の煮物の作り方~北信州こやなぎファーム流~

野沢菜の煮物の作り方   材料 野沢菜漬け 4束~5束(1500g~2000g)    煮干し 中サイズ6~12匹    醤油 適量   1.野沢菜を3cmほどの長さに切り水につけ …

上野のものマルシェ
上野駅 のものマルシェに出店します。

告知させていただきます。 2月1・2日、13時~19時頃まで上野駅 のものマルシェに長野県中野市、山ノ内町など北信州の農産物を販売いたします。 このマルシェの目的は、生産を日常としている私達が都会の消 …

コンクール入賞!!

米・食味分析鑑定コンクール国際大会 受賞!! こんにちわ。小柳農園 新井康寛です。 今日はうれしいお知らせがございます。 11/23.24に行われた 第16回 米・食味分析鑑定コンクール国際大会で特別 …

明治神宮 奉献 「おとりもち」

切りもちとお米食べきりパックを明治神宮に奉献させていただきました。   11月3日文化の日。明治神宮の秋の大祭にお招きいただきました。 神楽「代々木の舞」   11月3日は明治天皇 …

アコメヤイベント
信州山カレーイベント。大盛況でした!!!

8/10,11(山の日)にAKOMEYA銀座で行われました「夏の信州山カレーイベント」。 多くの方にお越しいただき大好評でした。   野菜ソムリエの増田朱美さんに助けていただきながらおいしい …

風さやか
風さやか長野県ブランド米認定!!!

風さやか長野県原産地呼称認定いただきました。 昨年の史上初認定に続き今年もブランド米の認定をいただきました!   長野県原産地呼称とは? 「味覚・栽培方法・生産方法」等を基準に、農薬・化学肥料の使用を …

ふきのとう
春の恵みをいただきます!

ふきのとう摘み。旬をいただきます。 田んぼの雪もなくなりお米作りも始まりました。その頃になると我が家で恒例になりつつあるふきのとう摘みです。   (一昨年のふきのとう摘みはこちら。) ↑一昨 …

PAGE TOP