コシヒカリ

 

お米通信販売の【北信州こやなぎファーム】平成24年皇室献上。創業100年の実績。北信州の気候に合わせた特別な栽培方法で丹精こめて作っています。

新井 康寛長野県オリジナル品種「風さやか」の風が吹き始めます。

     2016/02/13

信州なかのフェアin横浜に訪れてくださった皆様、心より御礼申し上げます。

私は去年に引き続き2回目の参加。入場無料な・の・に。非常に濃い内容でした。きっとお立ち寄りいただいた皆様は大満足で帰られたことでしょう。

 

私は準備が滞り一時間睡眠での参加となり久々に精神力が試される場となりました。そんなに作業が忙しいなら出店する必要あるんですか?不思議に思われますよね。

 

でもあります!

そう、どうしても行きたかったんです!!

 

たぶんここだけのお話しになりますが、横浜は私にとって特別な場所です。

 

10年くらい前になります。

 

農業を始めてから一番最初にマルシェに参加した場所。それが横浜。

 

赤レンガ倉庫のイベントです。たしかリンゴの食べ比べ対決でした。

 

赤レンガ倉庫

(今回思い出の赤レンガ倉庫の写真を撮ってみました。)

 

米作りを始めて最初にできたお米。

それを都会のお客様に紹介できるチャンスでした。

それは力が入っていました。夢を描いていました。

 

ところが…

移動から散々なめに会います。当時はカーナビもなく。長距離移動の経験もなく。今回のように夜出発。それはそれは地獄のような道のり。

 

田舎者が高速道路出口付近で右往左往。

クラクションは鳴らされる。

サービスエリアでは変な時計を売りつけられそうになる。 

そしてまさか途中で高速道路を降りるなんて考えてもいませんでした。

 

朝方、横浜についた時、誘ってくれた先輩達と合流した時、気が抜けて駐車場の三角コーンを5mくらい引いてしまいました。先輩もめちゃくちゃびっくりしていました(#^^#)

 

そして本番。

 

私の思いに反し、米はまったく売れませんでした。

100個もあったのに…横では先輩達の果物がどんどん売れていきました。

 もちろんそれぞれの品目の特性があります。

宣伝方法やパッケージ、量や販売テクニックも…。

 

中野に戻ってから、自分のお米を売るのことに自信がなくなりました。

しかし私は、育てた米を適切に表現できない自分に負けるのが悔しくて、続けたいと決意しました。

 

横浜は自分の運命を決める大切な場所となったのです。

失敗から学ぶことの多さ、そこから立ち上がる勇気をもらいました。

 

そして、今でも県外のマルシェに出れるときは出続けています。

お客様の声を身近に聴くために。それを生産に活かすために。

 

横浜はそれから縁がなくなり、昨年まで足を踏み入れることがありませんでした。だからそんな横浜ではチャンスがあれば何とか参加したいと思っています!今回訪れてくださった皆様、私はしっかりできていましたか?

 

お米の良さをしっかり伝えられ、少しでも共感していただけたなら幸いです。

 

余談が長くなってしまいましたが、

 

今回のテーマは長野県オリジナル米「風さやか」です。

 

お陰様で昨年は一瞬で売り切れてしまいましたが、今年はお試しパックから販売を始めています。

 

そして、全国のお米にこだわる「お米屋さん」でも私の風さやかの販売が始まっています。

 

27年風さやか育苗期(風さやか育苗期)

 

風さやか田植え

(風さやか田植え)

 

風さやかとコシヒカリ比較(左 風さやか、右 コシヒカリ、風さやかは葉色がやや濃い)

 

今年も全力で作りました。どうして私が風さやかに力を入れているのか?

 

実は我が家で導入しようかと話し合った時、反対意見もでました。

 

しかし、一口食べて私は本気で作ると決めました。

 

それは「風さやか」が私のコシヒカリと正反対の特徴を持っていたからです。

さっぱりしていて旨みがある。そして独特の香りがよい!

 

決して新しい品種だから飛びついたわけではありません。

 

もちろん我が家では大量生産はできませんが、作り方は風さやかのための工夫が満載で、我ながら完璧な仕上がりです。そして実費で東京、名古屋、大阪の商談会で試食を自ら行っていろいろな方の声を聞いてきました。

 

皆さんもこれから「風さやか」を耳にすることがあるかもしれません。世間の評価ももちろんありますが、稲を活かせてこそ、米を活かせてこその生産者です。

 

そんな私の作る「風さやか」よろしければ是非おためしください。

私の特別栽培米コシヒカリと食べ比べながら。

 

長野県のホームページでも私が紹介されています。https://www.pref.nagano.lg.jp/nogi/sangyo/nogyo/kazesayaka/topix-150828.html

 

私も「風さやか」の応援団の一人として微力ながら頑張ります!

 

 

 -お知らせ, お米のいろいろ, お米の紹介, こやなぎファームのいろいろ, , , , , |from 新井 康寛

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

信州山カレー
限定100食!信州山カレーご試食イベント&小柳農園のお米食べ比べ体験。

信州の山カレーご試食イベント開催のお知らせ☆ 今年から施行された8/11の国民の休日・山の日。   この山の日にちなんで ”限定100食。信州山カレーご試食イベント” を開催いたします。 信 …

お米 販売イベント
第2回ふるさと甲子園。イベント参戦!!

8月は夏休みということもあり小柳農園もイベント満載でございます。   8/10.11のAKOMEYA TOKYO 信州山カレー&お米の食べ比べ実演イベントに続き   8/27(土) …

風さやか
長野県「風さやか」などについて発表しました。

皆さんこんにちは。代表の新井康寛です。   先月の終わりに第4期農業技術ステップアッププログラム作物ワーキンググループ検討会 ~次代を担う大規模水田経営者の皆様との意見交換(出張農業試験場) …

北信州こやなぎファーム(小柳農園)新ロゴマーク
北信州こやなぎファーム新しいロゴ完成しました!

かねてより小柳農園(北信州こやなぎファーム)独自のトレードマーク、ロゴを希望していました。   我が家は、祖父の代から小柳商店を営なんでいて2002年に部門分けされ小柳農園が誕生しました。  小柳商店 …

節分の鬼
節分の始まりと歴史について

2/3本日は節分です。毎年、豆まきして長芋でとろろごはん食べてますが、そもそも節分で鬼を払うとかありますけどなぜやるんでしょうか。 その始まりや歴史的な部分を北信州こやなぎファーム流に紐解いていきたい …

小柳農園の「風さやか」が長野県原産地呼称管理制度、認定米に史上初めて選ばれました!

長野県のブランド米の認定制度である。長野県原産地呼称管理制度の認定米に小柳農園の二品種、コシヒカリと風さやかが厳しい審査の結果、認定米に選ばれました!   長野県原産地呼称管理制度とは ht …

おはぎ
お彼岸におはぎ

手作りおはぎをお供えしました。 新米のもち米「ひめのもち」でおはぎを作りました。 →もち米の簡単な炊き方はこちら(2.炊飯後のねばりについて) 我が家では粒感が残っている方が好きなので、50回くらいつ …

田んぼ脇の花
2016夏期休業のお知らせ。

日頃より小柳農園のお米をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。 さて勝手ではございますが、通販サイトおよび直売所は 8/12(金)~8/16(火)まで夏季休業とさせていただきます。 皆様には大 …

コンクール入賞!!

米・食味分析鑑定コンクール国際大会 受賞!! こんにちわ。小柳農園 新井康寛です。 今日はうれしいお知らせがございます。 11/23.24に行われた 第16回 米・食味分析鑑定コンクール国際大会で特別 …

ツバメのその後・・・。

我が家のツバメのその後をお伝えします。 今回は悲しい残念なお知らせです。 6/20、「小柳農園のゆかいな仲間たち②」で我が家のツバメを紹介した2~3日後に事件は起こりました。   &nbsp …

PAGE TOP