コシヒカリ

 

お米通信販売の【北信州こやなぎファーム】平成24年皇室献上。創業100年の実績。北信州の気候に合わせた特別な栽培方法で丹精こめて作っています。

北信州こやなぎファーム店長もう一つの田植え。

     2017/05/22

去る5月の下旬のこと、小柳農園ではないのですがもう一つの田植えのお手伝いに行ってきました。

子ども 田植え小学5年の息子の稲作実習です。

私達は子どもたちがまっすぐに田植えができるように糸を張ることと、足りなくなった苗を渡していくことでした。子どもたちはみな靴を脱ぎ、裸足で田んぼに入り苗を3本づつ取って手で植えていくという昔ながらの方法で田植えをしました。最初はヌルヌルした田が気持ち悪い子もいたようですが、すぐに慣れて上手に田んぼの中を歩いていました。我が家の田んぼでも今は機械がやってくれますので子どもたちが手伝うとしても隅の田植機が回らないほんの少しだけです。しかも裸足でやることはありません。子どもたちにはとてもいい経験になったのではないでしょうか?

三十数人、2時間で1枚の田んぼが終わりました。

子ども 手植え手植えにしては上出来じゃありませんか!子どもたちが頑張って植えた田です。きっと美味しいお米ができるに違いありません!

田植え祭りそして田植えの最後に赤飯を振舞っていただきました。

というのも息子の通う小学校は毎年5年生になると稲作実習を行うのですが、その田んぼは地域の方のご厚意で貸していただき、田植えの準備から収穫まで毎年子どもたちのために田の管理をしてくださっているそうです。もうかれこれ17年だそうです。本当にありがたいことです。

田植え祭りの赤飯そこのおばあちゃんが田植えの当日、朝早くからもち米をふかして赤飯を作ってくださっていました。

 

おばあちゃんのお話では、

「機械がなかった昔は田植えといったら大仕事。昔は15枚近くも手で植えていたんだよ。とても大変な仕事だから田植えが終わる日は『田植え祭り』といってお赤飯をこしらえて皆に振舞ったんだよ。そしてお嫁さんは2,3日実家に里帰りする。今はお菓子とか手土産がお店に行けばあるけど、昔はなかったからお赤飯やお稲荷をつくって手土産に持っていたんだよ。」

 

年配の方の昔話って本当に貴重だなと大人になって特に感じるようになりました。その時代に生きてこそできるお話を聞くことができてとっても良かったです。

 

子どもたちは田植えの後、定期的に田に出向き苗の成長を観察しに行くそうです。また、”かかし”を立てたり収穫をして秋にはバザーでお米を販売してくれるそうです。今からとっても楽しみです。

 -その他|from 北信州こやなぎファーム店長

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ふきのとう
春の恵みをいただきます!

ふきのとう摘み。旬をいただきます。 田んぼの雪もなくなりお米作りも始まりました。その頃になると我が家で恒例になりつつあるふきのとう摘みです。   (一昨年のふきのとう摘みはこちら。) ↑一昨 …

もち米と雑草稲

お正月やお祭りでお餅やお赤飯は欠かせません。   我が家で好評を得ている「もち米」は作り方に特徴があります。     それは早く植えること!     品種も「早生種」を選 …

お稲荷さんの鳥居
胡桃下神社(柳沢のお稲荷さん)

お稲荷さんは全国にあって豊作や商売の神様で有名です。   私の生まれ育った柳沢にもお稲荷さんがあります。   毎年2月の初午には近くから大勢のお客さんが見え達磨(だるま)さんや笹( …

特別な田んぼの特別なトンボ…

少し前になりますが田んぼですごい数のトンボを見つけました。 作業を終えて昼休みに行こうとした時のこと、トンボが一万匹?くらい田んぼで羽を休めているではありませんか!   しかも特別な田んぼで …

食生活 勉強
食についての勉強。

九州から東海まで梅雨明けしましたね。 長野はまだ梅雨ですが、本日は気持ちのよい風が吹いて部屋の中はとても快適です。 先日、試験を受けてまいりました。 「食生活アドバイザー」という資格試験です。テキスト …

火星2018.7.31
火星を見つけました!

昨日は火星が最も地球に接近する日。 私も夜空に火星を見つけることができました!   火星のほかにも土星、木星も見られるようで、 我が家の空にはおよそ10時、12時、2時の方向に火星、土星、木 …

ど根性米!!

フェイスブックで紹介していた農薬を使わない田んぼ… もっと技術があればこんな作業は必要ないかもしれません。   3年目の無農薬米の田んぼ収穫前の最後の作業よろしければお付き合いください。   …

常夏のフルーツ パイナップル 沖縄の香りが届きました!

皆様ー!元気ですかー!   こやなぎファーム 代表の新井康寛です。   関東甲信越地方が梅雨明けし日中は今までにない暑さです・・・   そんな焼けつく暑さ対策には氷水が必 …

昔の道具 千歯こき
昔の稲刈り、脱穀。子どもたちと体験。

息子の学年でお米作りをしています。 前回は手での田植えを行いました。 泥んこになりながら田植えを体験していました。 その後子どもたちは苗の成長の様子を観察したり”かかし”を立てたりしたそうです。 地域 …

PAGE TOP