コシヒカリ

 

お米通信販売の【北信州こやなぎファーム】平成24年皇室献上。創業100年の実績。北信州の気候に合わせた特別な栽培方法で丹精こめて作っています。

北信州こやなぎファーム店長昔の稲刈り、脱穀。子どもたちと体験。

     2017/05/22

息子の学年でお米作りをしています。

前回は手での田植えを行いました。

泥んこになりながら田植えを体験していました。

子ども 田植え

その後子どもたちは苗の成長の様子を観察したり”かかし”を立てたりしたそうです。

地域の農家さんのご協力もあり、たわわに実った稲へと成長していました。

お米作り 稲刈り

早速稲刈りです。

もちろん機械は使わずに鎌で刈ります。

稲刈り用の鎌は柄が短く刃の部分が長く刃にギザギザがあります。

稲刈り鎌

左:稲刈り鎌 右:草刈り鎌

鎌の切れ味はよく気持ちいいほどに稲を刈ることができます。

「ザクッ!」「ザクッ!」という音が心地よく手際もよく刈れるようになってきました。

稲刈り

刈った稲を10束ごと麻ひもで縛りそれを子ぶたのおうちのように穂を上にして立てて天日干しします。

稲刈り 天日干し

天気も良く気温も高かったこともあって大人も子どももヘトヘトになりながらなんとか稲刈りを終えました。

 

そして20日後脱穀です。これも昔から現代までの機械の発達を身をもって体験することができました。

 

脱穀1:千歯こき

脱穀 千歯こき稲刈り 千歯こき

江戸時代に普及して大正時代頃まで使われていたそうです。

一度にたくさん稲こきをしようとしてもうまくいきません。少しずつしかできなくて引っ張る力もその都度必要です。

 

脱穀2:足踏み脱穀機

足踏み脱穀機足踏み脱穀機

大正時代から昭和30年ごろまで使われていました。

足踏みミシンのように足でペダルを踏むとロールが回り始めます。ロールを回しながら稲束をしっかり持ってロールに押し付けます。しっかり持っていないと稲束が持っていかれて手をなくしてしまうほど大けがの可能性があるので作業は慎重に。

 

脱穀3:ハーベスター

ハーベスター

ハーベスター

現在使われている。機械に稲束を乗せ滑らせるだけであっという間に脱穀完了。

 

1時間作業を行った結果は・・・。

 

千歯こき 脱穀

左の2台は千歯こき。右側は足踏み脱穀機。ブルーシートの上の籾の山を見ると一目瞭然。

ハーベスター 脱穀

ハーベスターはたった1時間足らずで大量の脱穀を終えました。

 

ご覧の通りハーベスーター→足踏み脱穀機→千歯こきの順で脱穀量が違います。

 

千歯こき 10kg袋1つ分(2台)。1台であればおよそ5kg袋1つ分程度。

↓6倍

足踏み脱穀機 10kg袋3つ分。

↓5倍

ハーベスター 30kg袋5つ分。

 

ハーベスターになると格段に作業効率にがあがります。千歯こきから比べるとおよそ30倍の仕事をしてくれます。機械の発達に感心するとともに昔の人たちの働きっぷりには私達現代人は足元にも及びませんね。これは1枚の田であるためもっとたくさんの田の枚数があればそれ以上の仕事量だったことでしょう。最後に田に落ちた稲もみんなでしっかり拾い集めるともう一袋籾が出来上がりました。お米は大事に。昔の道具に触れることができいい体験をさせていただきました。

 -その他|from 北信州こやなぎファーム店長

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ふきのとう
春の恵みをいただきます!

ふきのとう摘み。旬をいただきます。 田んぼの雪もなくなりお米作りも始まりました。その頃になると我が家で恒例になりつつあるふきのとう摘みです。   (一昨年のふきのとう摘みはこちら。) ↑一昨 …

春の気配 

今年の冬も厳しかったですね。 ご覧のように雪の日は視界不良でゆっくり運転でした。 もちろん車を止めて写真を撮りましたよ   北風は強く厳しく、降り積もる雪は大地を覆いつくします。 &nbsp …

2017 フーデックスジャパンに参加してきました!!

こやなぎファームが昨年に続いてフーデックスジャパンに 今年はなんと4日間! 4日間参加してきましたー!     アジア最大級といわれている展示会。   アルクマと一緒に大 …

お稲荷さんの鳥居
胡桃下神社(柳沢のお稲荷さん)

お稲荷さんは全国にあって豊作や商売の神様で有名です。   私の生まれ育った柳沢にもお稲荷さんがあります。   毎年2月の初午には近くから大勢のお客さんが見え達磨(だるま)さんや笹( …

ぎんなんごはん3
銀杏ごはんの作り方 ー北信州こやなぎファーム流ー

  ブログの中でレシピ紹介させていただいてますが、「北信州こやなぎファーム流」という言葉がレシピ名だったり内容に必ず入っていると思います。 これってどういう意味なの?他とは何か違いがあるの? …

ふるさと甲子園ご来場ありがとうございました。

先日東京・秋葉原で行われました「ふるさと甲子園」無事出店し終えてきました。 去年を上回る来場数で2000人を超え大いに賑わいました!こやなぎファームのお米も売り切れてしまう商品もあり大盛況でした。 や …

中野市産もちひかりでおはぎ作り
春のお彼岸

暑さ寒さも彼岸まで?! まだまだ寒いです。風は冷たく気温も低い。仏さんにお参りしておはぎもお供えしました。 今年は信州産の小豆を使ってあんこを作りました。大きめの小豆で粒感を残して甘さ控えめ。 こやな …

明治神宮から感謝状が届きました!

師走は走る。   とにかくあわただしいです。 そんな日々の中、先日明治神宮より感謝状が届きました!   今年の秋に明治神宮に我が家のお米とお餅を奉献させていただいたからです。 明治 …

根曲り竹
旬をいただきます!

先日ご近所さんから美味しいものをいただきました。 さてこれはなんでしょう?   タケノコです。たけのこといっても細いですよね。   これは、   「根曲り竹(ネマガリタケ …

節分の鬼
節分の始まりと歴史について

2/3本日は節分です。毎年、豆まきして長芋でとろろごはん食べてますが、そもそも節分で鬼を払うとかありますけどなぜやるんでしょうか。 その始まりや歴史的な部分を北信州こやなぎファーム流に紐解いていきたい …

PAGE TOP