コシヒカリ

 

お米通信販売の【北信州こやなぎファーム】平成24年皇室献上。創業100年の実績。北信州の気候に合わせた特別な栽培方法で丹精こめて作っています。

新井 康寛焼き鮭とごはん シンプルなおかずこそ最高!

     2017/05/22

今日は私が大好きなごはんのおかずシリーズです。

 

焼き鮭とごはん

 

第一回目は焼き鮭。

 

このシリーズはいつまで続くかわかりませんが、ごはん大好きの私がお届けする私が好きなおかずにスポットを当てたグルメ?ブログです。

 

実は子供の頃は魚があまり好きな方ではありませんでした。子供の頃の魚は今のように新鮮ではなくどこか生臭いにおいがするイメージがありました。

 

そんな私が初めて好きになった魚が鮭です。

 

我が家では年末に鮭を焼いて一切れ食べる習慣があります。

 

我が家には年越しに、この鮭を食べきれないと年を越せないという決まりがあって、子供心に強烈なプレッシャーを与えていました。そう私は末っ子。今からは想像もつかないほど体が小さく。食が細かったのです!

 

さらに昔の鮭の塩気は今ではなかなかお目にかかれないレベルの塩気であり、日本酒のつまみにはもってこいであっても子供が一切れ食べるにはかなり度胸がいる魚だったのです!

 

時間が過ぎれば年を越す。

 

そんなことは誰もが知っていても、末っ子の私はその必然を受け入れることができなかったのです!

そう!それに、良いも悪いもやり遂げたうえでの年越しだと思っていたのです!!!

 

年を越す…

 

それは難攻不落な城を一人で落とすようなもの…

 

 

そして食べきれない私の横で、次々に「私お腹一杯」とみんながギブアップしていきました。これはたいへんだ!

年はどうやったら越せるのか答えがみつかりません。

 

 

そんながけっぷちの私に最後は父が助け舟を出してくれました。

 

「やすひろ、オレが食ってやるからもういいぞ!」 

 

こうして紅白の意味もまだ知らない少年の年越しは無事成立したのでした。

 

 

 

 

 

さてこの峠…ある日不思議と超えることができる日がやってきます。それは鮭が甘くなったのかそれとも食べる量が増えたのか?

 

 

 

そして……

 

 

 

「やすひろ 

         大きくなったな!」

 

「これで年が越せるな!」

 

 

「うん!」

 

 

 

そう!ついにこの日がやってきたのです(泣)

 

その峠を越えた日、新たな壁が訪れます。

年を越すには年越しそばを食べないと越せないという …

 

年越しと鮭は今となっては、青春の1ページです。

 

そして今では「大好物の焼き鮭」油のあるなしにかかわらず、これがあれば何もいらないくらいの絶品のおかずです!!

 

炊き立てのごはんでも、冷めたごはんでも。炊き立ては香り豊かで鮭の食感と絶妙な塩加減の風味を口に取り込む、そしてお米の粒感が鮭の旨みを包んでくれる♪

一緒に口に入れても、別々でも安定感がたまりません。

 

もちろん冷めても焼き鮭とごはんの関係は私を裏切りません。

しっかりとした食感の中にごはんの甘味と粘りが現れ、鮭の塩味と旨みがごはんだけでは表現できない究極の世界に連れてってくれます。

 

何より後味のしつこくない感じが和食の逸品であることを物語っています。

今回のごはんはこちらです。

https://koyanaginouen.com/shop/tokubetu.html

 

次回はとろろ飯です。こんなに書いて次が心…

 

                             おわり

 

 

 

 

 -ごはん日記, , |from 新井 康寛

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ごはんととろろ
今日は節分です。

こんばんわ。小柳農園の新井康寛です。 今日は2月3日、”節分” です。 今年ももちろん我が家は 長芋 の「とろろごはん♪♪」です。 「ごはん」 と 「とろろ」 という実に地味なメニューではありますが、 …

ものづくり
米粉で『ものづくり』

  長野の地域だけでしょうか? この地域には『ものづくり』といって米粉の生地で作った 農作物のオブジェを作って木の枝にさし、この時期に飾るという風習があります。
 やることも見た目も読んで字 …

おはぎ
春のお彼岸

今日は春分の日。お彼岸ですね。 我が家ではおはぎを作りました。 軽く研いだもち米を炊飯器に入れてスイッチオン。あとは大体つぶしてあんこを絡ませるだけ。 粒感が残っているとおいしいんですよねー。 結構簡 …

信州郷土料理やしょうま
米粉で「やしょうま」?

  「やしょうま」とは? 初耳の方結構いらっしゃるのでは? 信州に昔から伝わる米粉を使っただんごのことです。 節分が終わって3/15頃までに家庭で作ります。   なぜ「やしょうま」を作るの? …

コシヒカリと野沢菜
花粉の季節もごはんで元気に。

花粉対策に野沢菜。 雪が解け春がやってくると心躍る気持ちと少しムズムズする気持ちと・・・。 はい。 それは花粉のせいですよね。 私は、なにもなく快適に過ごせてしまう年もあればどうにも調子がよくないとい …

根曲り竹
旬をいただきます!

先日ご近所さんから美味しいものをいただきました。 さてこれはなんでしょう?   タケノコです。たけのこといっても細いですよね。   これは、   「根曲り竹(ネマガリタケ …

北信州節分
節分。

昨日、2/3は節分でした。皆様豆まきはされたでしょうか? 我が家は毎年張り切って豆まきをしています。 最近は恵方巻きに押されつつありますが、 ここ北信州では、節分に ”長芋” を擦って ”とろろごはん …

コシヒカリ 稲穂
おいしいお米を食べるために。

ごはんの美味しさはいつまで? 夏到来?!と思うほど暑い日がやってきましたね。 5・6月頃~新米が出るまでの時期は、よりお米の特徴が出やすくなります。 粘りが少ない風さやかやゆめしなのはよりサッパリと。 …

皇室献上米でちらし寿司を

先日、2/19は二十四節気の雨水にあたりました。 雨水(うすい)とは? 雪から雨に変わり雪が解け始める頃。春に向かい始め昔から農耕の準備の目安とされてきました。   実際に北信州では2/19 …

手作りのイクラ丼!~相性抜群の品種はこ・れ・だ!~

縁あって新鮮な高級生いくらをいただいたので、イクラのしょうゆ漬けを妻に教わりながら作りました!     奥で何やら出汁を作っていますね。 あれ、いきなり完成ですか?   …

PAGE TOP