コシヒカリ

 

お米通信販売の【北信州こやなぎファーム】平成24年皇室献上。創業100年の実績。北信州の気候に合わせた特別な栽培方法で丹精こめて作っています。

新井 康寛ただ今稲刈り最盛期です!

     2016/05/12

今朝の我が家のライスセンター前の日の出です(^^♪

一日のはじまりはいつも明るいはじまりですね。

 

皆様、我が家の稲刈りがピークを迎えていますよ。

 

日はまた昇る

 

稲刈りは天気や乾燥機の様子を見ながら行います。

 

雨や朝露で稲が濡れていると刈り取り作業ができません。

毎日息詰まるくらいせっぱつまっていて、いい加減何とかならんのか?と思いつつ、そうはならない毎日です。

 

ある日の稲刈り

 

今日は愛車のコンバインに稲を詰まらせてしまいました。

機械だっていろいろな事情があります。

田んぼだっていろいろな事情があります。

だから泥だらけになりながら自分のせいでコンバインを壊さないように、ご機嫌をうかがいながら頑張ります。だって稲に罪はありませんから♪

サワガニのアニキ

そんな息詰まる作業の合間に陣中見舞いにやってきてくれた仲間がいました。

 

サワガニ親方です。

 

親方のご先祖様には🍙をもって出かけた際に、サルにだまされ最終的に不運な最後を遂げてしまったことがあったそうです。

 私は毎朝おにぎりをもって仕事に出かけています。

 今日は慌てるなってアドバイスしてくれるためにはるばる清水から出かけてきて下さいました。

 

明日もあるから慌ててどうするの?

 

お陰様で今日もうまく稲刈り終えることができましたよ。

 そして支えてくれる仲間に感謝です。

 今年の新米はとてもキレイはお米になりそうです。

皆様、お待たせしておりますがどうぞご期待下さーい(*^-^*)

 -こやなぎファームのいろいろ, 稲作日記||from 新井 康寛

古い記事<
お彼岸におはぎ
新しい記事>
新米入荷のおしらせ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

風さやか
長野県「風さやか」などについて発表しました。

皆さんこんにちは。代表の新井康寛です。   先月の終わりに第4期農業技術ステップアッププログラム作物ワーキンググループ検討会 ~次代を担う大規模水田経営者の皆様との意見交換(出張農業試験場) …

田植え
田植えもいよいよ終盤戦です!

こんにちは 北信州 小柳農園です。 今年も立派な苗に育ち5月20日から始まった田植えも無事に終盤をむかえております。 ここまで記録的な天気の良さが続いたため、作業をしている私は今まで以上の気合と根性が …

直売所
遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。 本年も小柳農園をよろしくお願い致します。 さて今日はすごくかわいいお客様が来店してくれました。 下の娘の通う保育園の仲間たちです。散歩の途中で先生を先 …

節分の鬼
節分の始まりと歴史について

2/3本日は節分です。毎年、豆まきして長芋でとろろごはん食べてますが、そもそも節分で鬼を払うとかありますけどなぜやるんでしょうか。 その始まりや歴史的な部分を北信州こやなぎファーム流に紐解いていきたい …

稲刈りが始まります!

今年はお盆明けから雨、曇、雨で涼しい日の連続ですね。   我が家では毎年9月5日前後が稲刈りスタートです。 今年はこんな天気なので稲刈りは5日遅れで進める予定です。 去年もこんな天気だったのでその反省 …

ど根性米!!

フェイスブックで紹介していた農薬を使わない田んぼ… もっと技術があればこんな作業は必要ないかもしれません。   3年目の無農薬米の田んぼ収穫前の最後の作業よろしければお付き合いください。   …

ふるさと甲子園ご来場ありがとうございました。

先日東京・秋葉原で行われました「ふるさと甲子園」無事出店し終えてきました。 去年を上回る来場数で2000人を超え大いに賑わいました!こやなぎファームのお米も売り切れてしまう商品もあり大盛況でした。 や …

代かきが終わりました

代かきが落ち着き、我が家のコシヒカリの田植えがピークを迎えています!!同じようにみえる田んぼでも個性があって楽しいですよ(^-^)/

コシヒカリの苗
コシヒカリ苗の様子。

いよいよ田植えが始まります。 苗箱の伏せ込みを終えて、10日経ちました。 今日はとても暑く気温30℃。 照りつける日差しと田から照り返す光に真夏のプールサイドにいるようでした。 (真夏はこんなものじゃ …

畔ぬり
25年 米作りいよいよ始まりました!

小柳農園の新井康寛です。 こちら北信州は、春とはいえまだまだ肌寒い日が続いています。 田んぼの雪も消えてきたところで、今年もおいしいと言ってもらえるお米作り始まります。 まずは”畔ぬり”です。田の水を …

PAGE TOP