お米通信販売の【北信州こやなぎファーム】平成24年皇室献上。創業100年の実績。北信州の気候に合わせた特別な栽培方法で丹精こめて作っています。

北信州こやなぎファーム店長種もみの温湯消毒、美味しいお米を作るためにする大事なこと。

     2017/05/22

おいしいお米作りのために行う大事な作業に種もみの消毒があります。小柳農園では田の雪が消えた頃、4月に入ると始まります。まずは当園の種もみと温湯消毒(オントウショウドク)について説明します。

 

温湯消毒引き揚げ

 

種もみとは?

お米作りをするための種。小柳農園では良質の籾(もみ)を使用していて検査に合格した種籾を基本的に使っています。皆さんご存知でしたか?お米の種は作り方によって収穫量はかわりますが、例えるなら1キロがおよそ200キロにもなるとっても貴重な植物です。もちろん昨年、収穫された籾からも芽が出て立派なお米になります。

種もみ

 

温湯消毒とは?

60℃の温かいお湯で種を一定時間つけて病気の原因となる菌を滅すること。

 

温湯消毒をする理由。

 

  1. 例えば花を咲かせるために種を土に植えて水をあげて育てますよね。お米も同じで種を植え付けて育てます。でもその種が、病気や雑菌に侵されていたとしたら・・・。小柳農園で大切に保管してきた種もみとはいえ外側を覆う籾に雑菌がゼロではありませんので温湯消毒を行うのです。
  2. 観賞用の花が病気になった時は薬を使えますが、私たちの口に入るお米はできるかぎり農薬を使いたくありません。農薬を使って消毒してしまえば楽に、すばやく籾の消毒は終わるのですが、小柳農園はお米作りに極力農薬は使わないように心掛けています。

小柳農園の温湯消毒

 

1.種もみの準備

籾を4~8kgずつ目の細かいネットに入れます。10袋、50袋、100袋・・・。

種もみの準備

 

完全な手作業ですので籾の準備だけでもかなりの時間を要します。なぜネットにもみを入れるかは次の温湯消毒の作業で明らかになります。

温湯消毒種もみ

献上米として育てられる籾です。1粒でも多くの種もみが元気に育ち献上米としてお届けできるよう大事に育てていきますので、今年も楽しみにしていてくださいね。

 

2.種もみのセット

小分けにした籾を1袋ずつかごにセットします。

献上米の温湯消毒

もっとたくさんの種もみを入れてもよいのですが、種もみ1粒1粒に60℃の温湯をいきわたらせ温湯消毒の効果を最大限引き出すために当園では1袋ずつ消毒を行います。

 

3.温湯消毒開始

我が家の温湯消毒の機械は2つ。1回の消毒時間は10分。それぞれに種もみの入ったかごを入れて消毒開始です。

献上米温湯消毒

細かくネットに分けておくのは上述の通り温湯消毒の効果を最大限引き出すため。また小柳農園では献上米・特別栽培米コシヒカリ、風さやか、もちひかりなど様々な種類のお米を栽培し販売しています。それぞれの品種の籾が1粒たりとも別の籾と混ざったりしてはいけないのです。そのためにも種もみを厳重に細かく管理しこのような手間をかけています。

 

4.消毒後冷却

10分間の温湯消毒の後、すぐさま冷たい水で冷却します。

温湯消毒籾のすすぎ

冷却水が温まらないよう日に何度か水を入れ替えて次の芽だし(発芽)の準備をします。

種もみ温湯消毒冷却

温湯消毒後の美味しいお米作りは、「北信州こやなぎファームのお米の一年」をご参照ください。

 

美味しいお米をお届けするために

温湯消毒は農薬を使わないという点では安全なのですが、100%病気や雑菌の滅菌および防除ができるわけではありません。小柳農園ではお客様に安全なことはもちろん、美味しいお米を食べていただきたいと思っています。温湯消毒後も種の管理を徹底しています。安心してお召し上がりください。

 -稲作日記, |from 北信州こやなぎファーム店長

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新米が心配です・・・。

大きな台風の影響か一昨日から3日間雨が降り続けています。   しかも丸1日ずっと休むことなくです。 私たちの住んでいる信州中野は比較的雨が少なく梅雨時期でもそんなに多くの雨は降りません。ジメ …

種もみの乾燥
29年産 おいしいお米作り。

おいしいお米作り順調に進んでいます。 桜の花も咲き始め春らしい暖かい日が続いています。   当園のお米作りも着実に前へ進んでいます。   苗床は前回の畔ぬり⇒田起こし⇒代かきに続い …

2016年収穫の秋。

台風通過以降もなかなか雨のやまない日が続きました。晴れ間を縫うように稲刈りです。 本日は曇り空で今にも雨が降りそうな空模様でしたが、何とかもちこたえて無事に稲刈りを終えました。 新米の販売時期は、 特 …

目出し準備編
芽出し準備。美味しいお米作り。

種もみの消毒が終わり次は種の芽出し作業です。   前回は種もみの温湯消毒。      最初の温湯消毒から1週間がたちました。種もみが目を覚ましてぷっくりとしています。   …

種まき
種まき(すじまき)が終わりました。

気候はすっかり春、初夏?時折涼しい風が吹きます。 田や畑で作業をしていると少し暑く汗ばむ陽気になってきました。 4/26最後のすじまきが終わりました。 5/4すべての育苗箱を田に伏せて、 あとは立派な …

コシヒカリ田植え
コシヒカリの田植え。

特別別栽培米コシヒカリの田植え   山からの使者に30分田植えを中断しましたが田植え再開です。 ⇒山の使者の詳細はコチラ 今年のコシヒカリの苗もしっかりと育ってくれています。 特別栽培米コシ …

田んぼの除草作業

農薬を使わないで作っている田んぼの除草作業をしています。気を抜くと稲も倒してしまうという、自分にも稲にも厳しい作り方です。 早速、せっかく育った稲を巻き込んでしまい、手作業により植えなおしをしましたよ …

稲刈りが始まります!

今年はお盆明けから雨、曇、雨で涼しい日の連続ですね。   我が家では毎年9月5日前後が稲刈りスタートです。 今年はこんな天気なので稲刈りは5日遅れで進める予定です。 去年もこんな天気だったのでその反省 …

タモリはイモリ

今年は雨が多いです。 お陰様で先日今年の草刈が無事に終了しました! 草刈りは田んぼの通気性を上げるのに大切な作業の一つですが、そんな田の中からタモリさん(本名 アカハライモリ)が出てきました。 少し気 …

種まき
種まき。

温湯消毒、芽だしを順調に進めております。 芽出し後の乾燥状態もよくいよいよ種まきが始まりました。 写真奥の黒いコンテナ1枚1枚に土→種もみ→土の順番で蒔いていきます。 沢山の数のコンテナです。実際に何 …

PAGE TOP